気・血・水

2016/09/02

水蓮

水蓮


今日は、食材の効能についての説明はひと休みして、東洋医学・薬膳の基礎「気・血・水」についてお話しします。
 
東洋医学では「気(き)」・「血(けつ)」・「水(すい)」は、人間が生きていくために必要な要素で、この3つが多すぎず、少なすぎず、良いバランスを保ち、滞り(とどこおり)なく流れている状態が、最も健康で病気になりにくい状態だと考えられています。
 
まず、この3つの要素をそれぞれ簡単にご説明致しますね。
 

東洋医学でいう「気」とは?

目には見えないけれど、人間の体を働かせるためのエネルギーの事。
内臓を働かせて、組織の新陳代謝を促し、身体を温めて体温を維持するもの。
また発汗や排尿、排泄の働きにも関係しています。
気を巡らせることで、季節や気候の変化など、人間にとって病気の原因となるような刺激や負担から身体を守る働きをします。
元気、やる気、気力の「気」は、東洋医学の「気」と同じような意味を持ちます。
 

東洋医学でいう「血」とは?

赤い液体。内臓や肌、髪の毛や爪に栄養や酸素、潤いをを与えるもの。
血は食べ物から作られ、気の力で血管の中を巡り、体内に栄養分を運んでいます。
西洋医学で表現される「血液」と同じような働きを表しますが、東洋医学では精神を安定させるなどの働きも持っています。
 

東洋医学でいう「水」とは?

専門的な言い方だと「津液」(しんえき)と表現される事もあります。
食べ物から作られる、血以外の赤くない液体を表します。
汗や尿のように排出されるもの。また、目・鼻・口の粘膜を潤すもの。関節の動きをスムーズさせる関節液、細胞間液やリンパ液も「水」の中に含まれます。
 

単純に多ければ健康というわけでもない

「気・血・水」のバランスは、季節や体調の変化、身体に取り入れた飲食物によって日々変わっていきます。
皆さんそれぞれ生まれ持った体質もあるため、ベストバランスも異なります。
例えば、生まれ持った器が小さい人に、沢山の栄養を与えたからと言って器が大きくなるわけではありません。
身体にとって必要以上の「気・血・水」は、体内で渋滞をおこし、不調を招きます。
体調や気分の変化を良く観察して、ご自身のベストを見極める事が、健康で病気になりにくい身体を作ることに繋がります。
 
次回はこの3つの働きがバランスを崩すと身体にどのような症状が起こるのか、バランスが崩れてしまった時にはどのような食材を選んでた食べたら良いのかをご紹介しますね。
 
 
「気」のバランスが崩れるとどうなる?
「血」のバランスが崩れるとどうなる?
「水」のバランスが崩れるとどうなる?
 

-東洋医学の基礎
-, , , , ,